トミカ博

新宿伊勢丹「tomica展」の様子や混雑状況をレビュー。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

伊勢丹新宿店本館6F催事場で、1月17日~22日まで開催されていた「tomica展」へ行ってきました。

今日は、イベント会場の様子などをご紹介して行こうと思います。

 

tomica展をレポート

 

 

開催期間:2018年1月17日(水)〜22日(月)

開催時間:午前10時30分~午後6時(最終日午後6時終了)

開催会場:伊勢丹新宿店本館6階=催物場

入場料:大人700円・子ども(3歳~小学生)600円

 

入場特典

 

チケット購入後、入場特典として各日先着2,000名様にイベントオリジナルノベルティが貰えました。

ノベルティの内容は、缶バッジ・クリアファイル・ステッカーの3種類から選べます。

我が家は親子3人で行ったので、3種類全部GET。

 

 

個人的には缶バッジが1番いいと思いました。

 

tomica展3つのゾーン

 

tomica展は3つのゾーンに分かれていました。

会場内のmapはこんな感じです。

 

 

それでは、さっそく会場内の様子をレポートします。

 

Premium Zone

 

我が家が到着したのは、お昼頃でしたがすでに大勢の人で賑わってました。

まず目に入ったのが、現在販売されているトミカの数々。

 

 

森永卓郎さんの私物のトミカコレクションも展示されていて、見応えがあります。

展示されているトミカの数は約350点以上との事。

 

 

初期のトミカ黒箱。

 

 

青箱トミカ。

 

 

TOMICA DREAM MOTORS B級カー。

 

 

トミカ30周年記念、純金トミカと40周年記念アルミ製トミカ。

 

 

タカラトミーの上場記念トミカ。

 

 

株主優待限定セット。

 

 

普段見る事の出来ないトミカが多数あって、とても目の保養になりました。

そして、太田隆司さんのペーパーアート×tomica。

数多くの作品が展示しており、みんな写真を撮っていました。

 

 

とてもリアルなペーパーアートの中に、トミカが溶け込んでいます。

違和感がなくて、思わず見入ってしまいます。

 

 

 

Play Zone

 

こちらでは3つのイベントがあり、プレイチケットを購入して遊ぶ事が出来ます。

子供向けの遊び場といったところですかね。

 

 

トミカつりは定番ですが、トミカぺたぺた焼きは初めて見ました。

トミカおえかきは東京モーターショーでもあったので、今後は定番化しそうです。

イベントは時間で区切られているみたいでした。

1番人気はやっぱりトミカつりで、かなりの並びが出来てましたね。

 

 

 

Shopping Zone

 

tomica展オリジナルグッズなどが買えるショッピングゾーン。

トミカはもちろん、Tシャツや帽子・バッグなど普段は買えないグッズも多数ありました。

 

 

現行のトミカ全種類が売っているのも凄いです。

 

 

トミカ博などで販売されている、イベント記念商品も少しありました。

おそらく売れ残りの物だと思います。

 

 

トミカのおもちゃで遊べる場所もありましたが、あまりにも子供が多くて全然遊べませんでした・・・

 

 

感想

 

tomica展へ行った感想としては、会場内は落ち着いた感じで照明も薄暗くどちらかと言うと、大人向けな雰囲気。

子供はショッピングゾーンに夢中で、他の物にはあまり興味がなかったみたいでした。

イベントの規模としては、わりと小さかったですが森永卓郎さんのトミカコレクションは圧巻の一言。

結果的には大人は楽しめたけど、子供はあんまりというのが今回の感想。

やはり子供はトミカ博などの方が好きみたいです。

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です