トミカ

【 トミカ好きにおすすめ 】ぼくはトミカドライバー はたらくのりもの大集合!を徹底解説

 

こんにちわ!アラフォー父ちゃんです。

以前、車が異常なほどに大好きな我が子にトミカ以外に何か無いかと模索していたところ上の画像のおもちゃを発見。

ハンドル付きが自分もかなり興味を持ちまして、すぐに購入しちゃいました。

では、さっそくレビューして行こうと思います。

 

ぼくはトミカドライバー はたらくのりもの大集合!

 

 

箱の中身は、シンプルにハンドルとシフトノブ・液晶画面が付いた本体が入ってます。

2.4インチ液晶画面付きなので、持ち運びも便利でどこでも本体のみで遊ぶ事が可能。

電池はアルカリ単三電池4本を使用。

市販のAVケーブルをテレビとつなげると、大画面で遊べます。

「ぼくはトミカドライバー はたらくのりもの大集合!」には4種類のモードが入っています。

 

 

おしごとモード

 

おしごとモードでは9種類のはたらく車を運転して、ミッションをチャレンジしてクリアを目指します。

ミッションクリアで「ライセンス」が貰えて、チャレンジ出来るミッションが増えて行きます。

3歳、4歳くらいの子にはクリアするのは難しいと思うので、パパさん・ママさんがクリアしてミッションを増やしてあげて下さい。

 

ドライブモード

 

9種類のはたらく車と51種類の車、合わせて60種類もの車を運転する事が出来ます。

高速道路・山道・ビル街・住宅街の4つのコースがあり、ランダムなマップで走行可能。

右折したり、左折したり、信号待ちしたりとドライブ感覚が楽しめます。

 

タイムアタックモード

 

6種類のはたらく車を運転して、タイムアタックに挑戦。

パトカー・しょうぼうしゃ・ショベルカー・はしごしゃ・たくはいトラック・じょせつしゃ

の6種類のミニゲームを時間内にクリアを目指します。

 

ずかんモード

 

全部で120種類のトミカを収録。

ゲーム等で遊んでいくいうちに、トミカずかんもどんどん増えていきます。

 

まとめ

 

小さいながらも多くのモードが入っていて、まるでトミカを運転してるかのような気がして面白かったです。

子供はハンドルが壊れるんじゃないかというくらい、左右にハンドルをひねって遊んでました。

ただ液晶画面が小さいので、子供の目には良くないかなと思いました。

遊ぶならテレビにつなげて遊ぶか、明るいところで遊んであげて下さいね。

アラフォー父ちゃん的には購入してよかったと満足してます。

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です