子供の遊び場

【 2019年体験レポ 】レゴ好きに超おすすめ!東京お台場にある、レゴランド ディスカバリーセンター東京へ5歳の息子と行ってきました

 

こんにちわ!アラフォー父ちゃんです。

最近、トミカやプラレールだけでなくレゴにも興味を持ちだしている我が家の愛息子くん。

という事で先日、東京お台場にある「レゴランド ディスカバリーセンター東京」へ行って来ました。

今日は、我が家が実際に行って遊んで来た時の実体験や感想などをレポートして見ようと思います。

 

レゴランド ディスカバリーセンター東京について

 

レゴランド ディスカバリーセンター東京は大人も子供楽しめる屋内型の施設。

館内はとにかくLEGOづくしとなってます。

ただし、大人だけでの入場は基本出来ません。

どうしても大人だけで行きたい場合、毎月5日のLEGOの日と月末金曜日に開催されている「大人LEGOナイト」という日に行きましょう。

 

営業時間

 

平日: 10:00~20:00(最終入場は18:00まで)

土日・祝: 9:30~21:00(最終入場は19:00まで)

定休日:不定休(デックス東京ビーチに準ずる)

 

チケット料金案内

 

レゴランドのチケット料金は2歳以下は無料ですが、3歳以上は大人と同じ料金となっています。

レゴランド ディスカバリーセンター東京は、年間パスポート以外のチケットでは再入場は出来ません。

 

< 当日券 >

大人・子ども:2400円

 

< 前売りチケット >

チケットの種類はコンボチケット・オンライン前売りチケット・年間パスポートの3種類あります。

チケットの購入はこちら。

 

前売りチケットのおすすめポイントは2つ。

・当日券より格安で購入できる

・混雑時でも優先的に入場できる

 

コンボチケット

 

コンボチケットとは、レゴランドとマダムタッソー東京の入場券がお得に買えるチケット。

マダムタッソーはハリウッドスターや、ミュージシャンなどの等身大フィギアが飾られている事でも有名です。

場所はレゴランドの隣にあります。

< チケット料金 >

大人:3,000円(中学生以上)

子供:2,400円(3歳以上~小学生以下)

※最大1,800円もお得になります。

 

オンライン前売りチケット

 

入場したい時間帯を選んでチケットを購入すれば、その時間帯に優先して入場する事が出来ます。

もし予約した時間帯より前に入場したい場合は、プラス200円を払えば入場が可能です。

< チケット料金 >

平日:1,950円

土日・祝:2,100円

16時以降:1,700円

※当日予約は通常価格となるので注意して下さい。

 

年間パスポート

 

1年間の有効期限の間、レゴランド ディスカバリーセンター東京に行き放題の年間パスポート。

年間パスポートを所有していると、様々な特典が受けれます。

< チケット料金 >

1年間:6,000円

 

< 年間パスポート特典 >

・施設内のショップが20%OFF

・誕生日の月は3人まで無料招待

・一緒に遊びに来る友達は1,600円で入場出来、施設内のお会計20%OFF

・施設内カフェも20%OFF

・発行から1年間は入場無制限

・再入場も可能

・混雑時でも予約なしで優先入場

・閉館時間の1時間前まで入場可能

・年間パスポートを更新すると、期間が12ヵ月が14ヵ月に延長

 

イベントチケット

 

上記のチケット以外に、イベントチケットというのが2種類あります。

平日限定!親子ペアチケット

 

大人1名・子供1名(小学生以下)のペアチケット。

< チケット料金 >

大人・子供セット:3,200円

 

こちらは平日限定のみとなります。

ペアチケットの追加メンバーの料金は1名1,950円です。

 

大人のLEGOナイト

 

大人のLEGO好きの為のスペシャルデー。

毎月5日のレゴの日と月末金曜日夕方は大人だけで入場する事ができます。

< チケット料金 >

大人:1,900円

入場時間:平日16:00~18:00(閉館20:00) 土日・祝16:00~19:00(閉館21:00)

 

交通アクセス

 

 

〒135-0091 

東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール 3階

TEL: 0800-100-5346

 


レゴランド ディスカバリーセンター東京は、商業施設「デックス東京ビーチ」内の3階にあります。

ゆりかもめ:「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分

りんかい線:「東京テレポート」駅下車 徒歩5分

 

レゴランド ディスカバリーセンター東京の駐車場について

 

車で行くなら、デックス東京ビーチの駐車場がおすすめです。

レゴランド ディスカバリーセンター東京の利用で、デックス東京ビーチの駐車場が割引きとなります。

入場料およびカフェテリア、ショップでの支払料金の合計が3000円以上は駐車料金割引サービスの対象です。

【平日】
お買い上げ額が3,000円(税込)以上の場合、1時間無料サービス券を2枚お渡しいたします。
お買い上げ額が5,000円(税込)以上の場合、1時間無料サービス券を4枚お渡しいたします。

【土日祝】
お買い上げ額が3,000円(税込)以上の場合、1時間無料サービス券を1枚お渡しいたします。
お買い上げ額が5,000円(税込)以上の場合、1時間無料サービス券を2枚お渡しいたします。
※駐車サービス券は6Fのレゴショップでお渡ししております。

引用元:レゴランド・ディスカバリー・センター東京公式サイト

 

レゴランド ディスカバリーセンター東京 体験レポート

 

レゴの形になっているゲートをくぐってレゴランドに入ります。

壁なども一面レゴの世界が広がります。

 

 

アクティビティパックは、入場時か施設内のカフェテリにて500円で購入する事が出来ます。

 

アクティビティパックとは?

 

レゴランド内にあるスタンプを押して集めて、ミニフィグを貰おうというもの。

簡単に言ってしまえば、レゴランドのスタンプラリーですね。

ミニフィグは通常でも500円するので、遊んで楽しんだあとに貰えるならこちらの方が子供にとっては嬉しいかと思います。

ちなみに、我が家はアクティビティパックの事をすっかり忘れていました・・・

 

アトラクションのスケジュール表もレゴ

 

ゲートの先にはエレベーターがあるので、そちらに乗って7階へ。

レゴランド内にある、アトラクションなどのタイムスケジュール表も全てレゴで作られてるこだわりぶり。

 

 

工場見学 レゴファクトリー

 

エレベーターを降りると、そこにはレゴの世界が広がっていました。

ここレゴファクトリーでは、レゴがどのような工程で作られているのかを見学できる場所になってます。

 

 

エレベーターを降りてすぐだったので、うちの子供はどんどん先に進んでしまいあまりここは見れずに終わってしまいました。

今度行った時にはゆっくり見て見ようと思います。

 

 

レゴのジオラマ!ミニランド

 

レゴブロック160万個以上を使用して、東京の観光名所を再現したミニジオラマ。

よ~く見ると細部に至るまで本当にしっかり作り込まれてました。

東京スカイツリーとアサヒビール本社。

うちの子供はアサヒのやつを大きな声で「う〇こだぁ~」、「ねぇ、見てう〇こがある」とか言って恥ずかしかったです。

 

 

夜になると、見事にライトアップされてました。

 

 

こちらはお台場、観覧車やフジテレビも見えます。

レインボーブリッジも綺麗ですね。

 

 

両国国技館では相撲も再現してありました。

人に見えるのは全部レゴです。

 

 

 

レゴニンジャ ゴーシティ アドベンチャー

 

 

レゴの中でも人気のニンジャシリーズ。

アトラクションは定員50名の15分入れ替え制となっています。

アトラクション内で遊べる時間は実質10分で、残り5分は退出の時間となってました。

こちらは子供だけでは入場出来ないので、必ず大人も同伴するようにしましょう。

入場時の約束事を確認。

 

 

靴を脱いで、いざっ「ニンジャ道場」へ。

 

 

中に入ると、そこは様々なカラクリなどがいっぱい。

下は柔らかいマットになっているので、子供には安心です。

 

 

忍者にボールを当てるコーナーがあったり。

 

 

小さめのボールプールもありました。

 

 

レーザー光線が出てる場所もあり、レーザーに当たってしまうと音がなるようになってました。

 

 

室内型の大きめなアスレチックという感じで、子供達は大はしゃぎで走り回って遊んでました。

室内で遊ぶ為、冬でもかなり汗だくになっていたので着替えを持って行くか薄手のTシャツなどがあると子供にはいいかなと思いました。

 

乗り物アトラクション「マーリン・アプレンティス」

 

レゴランド内にある乗り物アトラクションの一つ、マーリン・アプレンティス。

 

 

乗り物にのって、ペダルを漕ぐとくるくる回りながら上下に移動します。

こちらは2人乗りとなっていますが、大人同士では乗れません。

 

 

 

レゴレーサー ビルド&テスト

 

 

ここレゴレーサー ビルド&テストではレゴで自分だけのオリジナルの車を作って走らせる事が出来ます。

タイヤやブロックのパーツを組み合わせて、自由に作る事が可能です。

 

 

そして、完成したら専用のコースで実際に走行させてみましょう。

 

 

遊び疲れたら「カフェテリア」で一休み

 

 

レゴランド内は基本、飲食物の持ち込みは禁止となっています。

なので、ここカフェテリアで飲み物や食べ物などが購入出来ます。

座席数はあまり多くないので、お昼の時間などは混雑してましたね。

 

 

レゴブロックの形をしたBOXも売ってました。

価格は¥1200。

 

 

正直、飲食物を持ち込み禁止のわりに食べ物などはあまりないので、外のお店で食べた方がいいかなと思いました。

 

恐竜王国!ダイノ・エクスプローラー

 

階段を降りると、そこには恐竜の世界ダイノ・エクスプローラーが待ってます。

骨のゲートをくぐって、恐竜王国へ。

 

 

中に入ると、レゴで作られた恐竜を発見。

 

 

もちろんこれも、全部レゴで作られてます。

 

 

ここでもブロックを自由に使って、遊ぶ事ができます。

レゴで作った作品は、ここで動画作りに挑戦してみましょう。

 

 

そしてダイノ・エクスプローラーを抜けると、最後に出口があります。

 

 

再入場が出来ないので遊び足りなかったり、他に見てない場所がある場合は注意しましょう。

そして、子供が誤って持ってきてしまったレゴブロックはこの箱に入れて帰ろう。

ブロックは小さいので、ポケットの中なども注意が必要ですね。

 

その他のアトラクション

 

レゴランドにはその他にも様々なアトラクションなどが多数あります。

我が家は残念ながら全てを回る事が出来なかったので、ご紹介だけしておきます。

 

クリエイティブ・ワークショップ

 

レゴランドのスタッフと一緒にレゴ作品の作り方を学べるワークショップ。

 

 

4Dシネマ

 

3Dメガネをかけて、約12分間の映画を鑑賞できます。

 

 

アラフォー父ちゃんが1番行きたかった「キングダム・クエスト」

人気のアトラクションという事で、かなり混雑していて子供も暗くて怖いというので断念・・・

ディズニーでいうと、銃で撃つバズライトイヤー的な感じのアトラクションとなってます。

 

混雑状況

 

レゴランド ディスカバリーセンター東京の混雑状況をレポート。

我が家が行ったのは、週末の土曜日という事でやはり混雑してましたね。

あまりにも混雑していると、入場制限をかける場合もあるらしいです。

※混雑しているのが苦手な方のおすすめな曜日と時間。

やはり平日はかなり空いてるとの事。

土日・祝日は混みますが夕方以降の遅い時間に行くと割と空いてるみたいですよ。

 

感想

 

 

天候に左右されずに屋内で遊べるのは嬉しいですね。

最後にレゴランド ディスカバリーセンター東京のポイントをまとめておきます。

・前売りチケットを購入しよう。

(通常よりも安く買えて、優先入場出来るのでメリットがいっぱい)

・再入場は出来ないので注意

・お弁当などの持ち込みは禁止

・アクティビティ・パック(500円)はおすすめ

お台場に行く際には是非、子供と一緒にレゴの世界で遊んで見て下さい。

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です