トミカコレクション

【 第3土曜日はトミカの日 】トミカ No.16 ランボルギーニウルスの初回特別仕様と通常版を買ってきたよ!

 

トミプラBLOGをご覧いただきありがとうございます。

第3土曜日は「トミカの日」、気になる2月のトミカは「ランボルギーニ ウルス」。

今月もさっそくGETしてきたので、レビューして行こうと思います。

 

トミカ No.16「ランボルギーニ ウルス」をレビュー

 

2019年2月16日に発売されたトミカの新車「ランボルギーニ ウルス」。

今回もアラフォー父ちゃんは、確実にGETする為にトミカショップのオンラインで予約しました。

予約してもちゃんと発売日に届くので安心です。

初回特別仕様と通常版があり、初回が黒で通常が黄色のカラーになってます。

【 amazon 】

↓↓

 

パッケージ

 

 

パッケージには、NEW 2019のシールが貼られてますね。

スケールは1/66。

ギミックは「サスペンション」のみとなってます。

パッケージ横には、ライセンスを表すホログラムシールがしっかりと確認出来ます。

 

 

 

トミカを開封

 

それでは、さっそく箱から中身を開封して行こうと思います。

ランボルギーニといえば、車高が低いスーパーカーをイメージしますが、こちらはスーパーSUVランボルギー二。

実車はツインターボ付きの4,000cc・V8エンジンを搭載した最速SUV。

価格は新車時で2,800万円ほどするそうですが、トミカなら約400円ほどで憧れのウルスが買えちゃいます。

まずは正面からみてみましょう。

 

 

ボンネット中央には、ランボルギーニのエンブレムがあります。

続いて横からのアングル。

 

 

形は現行のトヨタ「ハリアー」に似てますね。

大きさは通常のトミカと比べると若干大きめです。(ハマーくらい)

タイヤもなかなかイイ感じ。

そして、後ろからのアングル。

 

 

 

後ろには、テールランプの間にローマ字でLamborghiniと入ってます。

エアロパーツもしっかりと再現されていて、全体的にかなりカッコいい仕上がり。

最後に背面の画像。

 

 

生産国はヴェトナム。

ランボルギーニウルスの文字もちゃんと明記してあります。

 

 

まとめ

 

2019年2月発売のトミカの新車「ランボルギーニ ウルス」をご紹介しました。

個人的には初回特別仕様の黒が非常にかっこよかったです。

最近のトミカは大人をターゲットにした感じの車種を多く発売しますね。

フェラーリなどもそうですが、子供より自分の方が欲しくて買ってしまってます・・・

本物は買えないですが、トミカなら手に入るのも嬉しいところ。

皆さんも是非、トミカのスーパーカーを手に入れてみて下さいね。

 

 

こちらの記事もおすすめ
トミカコレクション

【 レビューブログ 】ディズニービークルコレクション「ワンマンズ ドリームⅡ リゾートクルーザー トミカ」をご紹介!

2019年10月2日
トミプラBLOG
突然ですが、ディズニーランドは好きですか? 来年、2020年4月15日に「美女と野獣」をテーマにした新エリア”ニューファンタジ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です