電車ビュースポット

子鉄くんにおすすめ!ドクターイエローやN700系などの新幹線が見られる大井車両基地に行ってみました!

 

ど~も、こんにちわ!アラフォー父ちゃんです。

3連休という事で、ドクターイエローが見れる大井車両基地に行ってきました。

今日は、実際に行ってみた感想や大井車両基地までのアクセスなどレポートして行こうと思います。

 

JR東海 大井車両基地

 

大井競馬場駅近くにある、JR東海の大井車両基地。

主にN700系やN700Aが多く停車しています。

中でも新幹線のお医者さんとして人気の、「ドクターイエロー」が見られるスポットとして有名です。

 

 アクセス

 

〒140-0003

東京都品川区八潮3-2-92

 

もし行くなら電車をおすすめします。

車だと停車する場所がなく、近くの公園かパーキングに止める事になります。

 

< 大井車両基地の行き方 >

山手線で浜松町駅下車。

そのまま東京モノレールに乗り換えて、大井競馬場駅で降ります。

駅を出て右方向へまっすぐ徒歩で15分ほど進むだけです。

まず大きな橋を越えて、信号を渡ると右手に公園や陸上競技場があります。

そこをさらに進み、陸橋を上がって信号を渡ると車両基地が見えてきます。

 

N700系やドクターイエローがいっぱい

 

まず見えてくるのが、倉庫のような場所。

この中に新幹線が入って整備などをしているようです。

 

 

大井車両基地は陸橋の上から見る感じなのですが、網の細かいフェンスで覆われていて写真が非常に取りづらいです。

上手く撮るコツは、網の穴にレンズをくっつけてアップにして撮ると、割と上手く撮れますよ。

話はそれましたが、奥に進むと新幹線がたくさん止まっている車両基地が見えます。

 

 

この日は、ちょうど見ると幸せになれるというドクターイエローが停車していました。

初めて見たので、子供より親の方が大興奮。

ドクターイエローは本当かっこいいですね。

 

 

東京貨物ターミナル駅

 

大井車両基地のすぐ隣は、貨物のターミナル駅になっていて多くのコンテナを積んだ貨物車が走ってました。

 

 

貨物車両の「EF210桃太郎」「EH200ブルーサンダー」などがいて、うちの子は新幹線よりも貨物に大興奮。

うちの子が走っている貨物車両に乗っている方に手を振ると、気づいて手を振ってくれたりして楽しかったです。

 

 

 

こういった車両基地はなかなか見る事が出来ない場所なので、うちの子にとってはいい経験になったかなと思います。

 

 

新幹線 大井車両基地ファミリー見学会も開催

 

JR東海が30周年記念として、大井車両基地ファミリー見学会を開催するとの事。

こちらは事前応募の抽選となっており、既に応募期間は終了してしまっているみたいです。

JR東海では他にもたびたび鉄道イベントを開催しているので、公式サイトをチェックしてご応募して下さい。

 

開催日時

 

2017年10月14日(土)・15日(日)

第1回:9時30分~11時30分

第2回:12時30分~14時30分

第3回:14時30分~16時30分

 

開催場所

 

JR東海 大井車両基地

(東京都品川区八潮3-2-92)

※JR品川駅集合。

 

イベント内容

 

普段入る事が出来ない大井車両基地で、新幹線車両の点検や車掌・パーサー業務の体験。

更にはドクターイエローの車内や保守用車の実演の見学がでるとの事です。

これは電車好きの子供は絶対喜びますね。

 

募集人数

 

1組4名以内で、各回20組(合計120組)

 

まとめ

 

普段見る事が出来ないドクターイエローを見れた事に感動しました。

電車が好きなお子さんがいるなら是非一度は行って欲しいスポットだと思います。

ただ、周りにはお店などは一切ないので(大井競馬場駅近くにローソンがあるくらい)行く前に飲み物等を買っておく事をおすすめします。

 

 

こちらの記事もおすすめ
電車ビュースポット

【 元祖ハヤシライスが有名 】西武・京急・東急の実車両が展示されているカフェ「丸善池袋店」へ行って見たよ!!

2020年1月12日
トミプラBLOG
電車好きの子鉄くんは必見。 2017年8月にオープンした、都内最大級の大型文具専門店「丸善池袋店」。 何と、丸善池袋店1 …
電車ビュースポット

【 トレインビュースポット 】子鉄くんの新名所!ダイヤゲート池袋の2階にあるダイヤデッキから見る西武線とJR線は超おすすめ!!

2019年9月16日
トミプラBLOG
いつもトミプラBLOGをご覧いただきありがとうございます。 先日、2019年4月に開業されたばかりの池袋にある「ダイヤゲート池 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です