トミカコレクション

ロングトミカ No.125 いすゞ ギガ 木材運搬車をレビュー!

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

2017年6月に発売された、ロングトミカシリーズ「 いすゞ ギガ 木材運搬車」を購入してきました。

本日はこの買ったばかりのトミカをレビューして行きます。

 

トミカ No.125 いすゞ ギガ 木材運搬車(ロングトミカ)

 

毎月第3土曜日は「トミカの日」となっており、トミカの新作が発売される日。

今日ご紹介する「No.125 いすゞ ギガ 木材運搬車」は、2017年6月に発売されたトミカで主に、山や森林で伐採した木を製材所へ運ぶための車両。

アラフォー父ちゃんが住む埼玉では、あまり見た事ない車両ですね。

 

発売日と価格

 

2017年6月17日(土)発売。

価格は税抜き900円。

下記のアマゾンだとおよそ半額の500円で販売されてます。

【 amazon 】

↓↓

 

No.125 いすゞ ギガ 木材運搬車をレポート

 

 

まずはパッケージから見て行きましょう。

No.は125でロングトミカサイズになります。

 

本体を開封

 

 

黒のカラーリングが非常にかっこいいです。

もちろん先頭車は取り外し可能。

 

ギミックは?

 

< アクション >

本体取り外し/左右可動/木材積み下ろし/木材継ぎ足し

となっています。

 

荷台に乗っている木材は、3本あるシリコン製のゴムで止める仕様になっています。

 

 

上の画像のような感じで止めるのですが、正直止めづらいというのが感想。

特に小さいお子さんだと難しいと思います。(うちの息子は無理でした)

それとゴムなので、あまり雑に扱うと切れてしまいそうです。

切れたら、ご家庭にある輪ゴム等で止める感じなりそう・・・

 

 

積載している木材は画像のように脱着が可能です。

いつの間にか1個無いという風にならない様に気をつけましょう。

 

トミカ No.120 油圧式ショベルで遊ぼう

 

トミカNo.120油圧式ショベルで、荷台にある木材を掴んで遊ぶ事も出来ます。

実際に掴んで運んで見るとこんな感じになります。

 

アームの挟む力がかなり弱い為、すぐに落ちてしまいますが何とか掴む事は出来ました。

画像で見ると、かなり雰囲気が出ていていい感じ。

木材運搬車を持っているなら、油圧式ショベルもおすすめです。

 

ロングトミカコレクション

 

 

我が家が所有している同じ系統のロングトミカを並べて見ました。

左から、

トミカ ロングタイプトミカ No.121 日野プロフィア タンクローリー

トミカ ロングタイプトミカ No131 三菱ふそうスーパーグレートキャリアカー

トミカ ロングタイプトミカ No.125 いすゞ ギガ 木材運搬車

他にロングタイプのバスや車なども多数所有しています。

子供が遊んでいるので、かなり傷だらけです。

ちなみに今気になっているのが、2017年12月発売の「三菱ふそう スーパーグレート H5系新幹線はやぶさ 輸送車」。

何と、三菱ふそうの輸送車にH5系新幹線はやぶさが乗っているというトミカ。

トミカとプラレールが大好きなうちの愛息子には、もってこいな商品だと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した、いすゞ ギガ 木材運搬車は人気が高いトミカみたいです。

他のトミカにはない珍しいギミックなので、子供も喜んでました。

遊び方の幅も広がるので、おすすめなロングトミカです。

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です