プラレール

プラレール GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)が2017年9月30日に発売!

出典:株式会社タカラトミー

 

こんにちわ!アラフォー父ちゃんです。

2017年9月30日にプラレールの新作「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」が発売されます。

今日は現美新幹線について、解説しながらプラレールのGENBI SHINKANSENの詳細も合わせて紹介して行こうと思います。

 

現美新幹線とは?

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)による新幹線の特別車両。

「旅するアートカフェ新幹線」として、新幹線車両「E3系」を改造しスイーツなどを提供するミュージアム空間としたもの。

2016年1月12日に観光列車「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」として外観が公開された。

投資額はアートの制作費などを含め約5億円。

車両外側には写真家・映画監督である蜷川実花撮影の写真「長岡の花火」をラッピングし、6両編成の車両を若手現代アーティスト(松本尚、小牟田悠介、古武家賢太郎、paramodel、石川直樹、荒神明香、ブライアン・アルフレッド)が担当し創り上げた。

16年春頃から、上越新幹線の越後湯沢~新潟間で、土日を中心とした臨時列車として運行中。

引用元:コトバンク

 

キッズスペース(13号車)

 

現美新幹線13号車には子供がプラレールで遊べるキッズスペースと、カフェが併設されています。

小さい子供は動き回るので、新幹線の中にこういった場所があるのは嬉しいですね。

 

出典:JR東日本

 

プラレール GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)の概要

 

 

「GENBI SHINKANSEN」はE3系を改造した特別新幹線で、有名アーティスト達がこの列車のために制作した現代アートが車内に展示されています。

2スピード 3両切り離し可能です。

3両目に連結器が搭載されており、他の連結車両とつなげて走らせられます。

黒いボディカラーが非常にカッコいいですね。

 

気になる発売日

 

< 現美新幹線の発売日 >

2017年9月30日発売予定。

 

価格は?

 

< メーカー希望小売価格 >

税込み¥3240

安く購入するのであれば、送料込み約¥2000くらいで買えるビックカメラやアマゾンの方が断然安いです。

 

まとめ

 

個人的に好きな現美新幹線。

新潟でしか走行していないので、なかなか乗る機会がりませんが1度は乗車して見たいです。

そんな現美新幹線がプラレールになって発売となれば、買うしかありません。

連結器付きなので、他の車両と組み合わせて遊べそうです。

9月30日のGENBI SHINAKANSEN、今から発売が楽しみ。

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です