電車

【 購入レビュー 】東北新幹線E5系はやぶさ・E6系こまちのチョロqを連結させて遊んでみたよ!

 

今年の正月に出かけた際に見れた、東北を走る新幹線E5系はやぶさ・E6系こまち。

電車に興味があって小さい男の子がいる家庭なら、きっと一度は生で見てみたい新幹線だと思います。

特に連結してる部分がいいんですよね。

E5系新幹線はやぶさ・E6系新幹線こまちとは?

 

 

はやぶさは東京駅~仙台駅・盛岡駅間を運行している列車。

緑色のボディに赤色のラインが特徴的。

ちなみに同区間を走る「はやて」や「やまびこ」との違いは走るスピードの違いです。

はやては最高速度275km/hに対し、はやぶさは最高速度320km/hと最速。

2016年3月には北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)H5系が開業したのも記憶に新しいですよね。

E5系とH5系の違いは主に車体の帯色(E5系が赤、H5系が紫)・内装・ロゴなどが違います。

こまちは、その名の通り秋田を走る新幹線。

東京ー盛岡区間をはやぶさと連結して走行し、盛岡駅で切り離してこまちは秋田へ行きます。

 

はやぶさ・こまちの車内でしか買えないチョロQを買ってみた。

 

 

ネットで見て前からずっと欲しかったチョロQ。

新幹線の車内でしか買えないという事でしたが、タイミングよく購入出来ました。

気になる値段ですが、1個¥1440となってます。

はやぶさ・こまち2個で¥2880也。

 

[amazonjs asin=”B00XQSYMYI” locale=”JP” title=”タカラトミー チョロQ E5系新幹線はやぶさ 2両連接セット メタリックversion”]

[amazonjs asin=”B00XQRXN4O” locale=”JP” title=”タカラトミー チョロQ E6系新幹線こまち 2両連接セット”]

 

さっそく開封してみた。

 

 

 

いやぁ~、ヤバいですね超カッコイイ。

小さいながらも、しっかりと新幹線の特徴を捉えてますね。

チョロQなので、プルバックでちゃんと走ります。

しかも2段階走行になっており、途中から加速して走ります。

 

お決まりの連結をさせてみた。

 

 

前の部分がこんな感じで外れて連結器が出てきます。

この頭の部分、小さいので子供がすぐ無くすので要注意です。

しかし、なかなかリアルな作りですね。

いざっ、連結。

 

 

連結器部分はただ穴に押し込むって感じなので、子供が遊んだりするとすぐ取れます。

チョロQは前後、外す事も出来るのでいろいろ組み合わせて遊ぶ事も可能です。

うちの子も外しては付けての繰り返しを、ずっとやってました。

ただ小さい子に持たせると、無理やり外そうとするので注意が必要です。

 

まとめ

 

皆さんもはやぶさ・こまちに乗る機会があれば是非お土産に買ってみて下さい。

手の平サイズで、小さい子供の手にちょうど良く収まって持ち運びも便利なのできっと子供も喜びますよ。

補足ですが、車内販売ではチョロQ以外にH5系ホッチキスやキーホルダーなども販売されてます。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です